オーラルケアをする

治療中の歯科医

日本歯科医療福祉学会とは、歯科医療福祉に関する研究を推進しつつ、知識の交流を通して医学の進歩に寄与することを目的にした学会をいいます。
このような学会で、専門的な治療についての勉強をしている歯医者さんは信用できます。
この学会に入会しているかどうかは判断基準になります。
また、「良い歯医者は歯科技工士に聞け」という言葉があります。
技工士は仕事柄、よい治療をしてくれる歯医者さんを知っています。
ベテラン技工士のネットワークの中から、オススメする良い歯医者さんを治療別に紹介しているサイトもあります。
また、歯医者さんに対する患者さんの口コミサイトも多数あります。
これらの情報サイトの評判も判断基準になります。

歯科医療福祉分野の技術は日進月歩です。
今まで、できなかったこと、なかったことが日々実現されるようになってきています。
例えば、歯周病菌検査サービス、今まで歯周病の診断は、「歯茎から血が出る」「歯が抜ける」などの症状が発生してから行われていました。
しかし、今は口内の歯周病菌分布割合の検査を行えば、発症リスクを判定することができます。
このサービスにより、早期発見・早期治療が実現できるようになります。
また、最近人気のホワイトニングでは、ティオンホワイトニングシステムという、歯科医院で行うか患者さんの自宅で行うかを選べる治療サービスもあります。
この治療サービスは比較的低い過酸化水素濃度で、高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させてくれます。
自分の専門分野で新しい治療サービスを取り入れている歯医者さんは信用できます。